ほうじ茶が便秘の解消に役立つ効果について

ほうじ茶と便秘について

ひときわ香ばしい香りの高いほうじ茶。飲むと何となくホッとしますね。ほうじ茶の香ばしさは、緑茶を焙煎して作る為に生まれます。緑茶にはカフェインが多く含まれています。ほうじ茶にもカフェインは含まれていますが、焙煎することによって多少は減るようです。そんなほうじ茶が、悩む人も多くいる便秘を解消してくれる効果を持っているという事を知り、本当に効果があるのか、あるのであればどんな栄養が便秘を解消してくれるのか調べてみたくなりました。すると色々な事が解ったのです。


ほうじ茶が便秘の解消に役立つ効果について

ほうじ茶には腸内の善玉菌が増えるのを助ける為に必要なビタミンCが豊富です。また、血流改善に大切なビタミンEも含まれています。血流が改善すれば身体の隅々まで酸素や栄養が行き渡りますから、腸も活発に動くようになり、便秘解消に役立つのです。もう一つ忘れてはいけないのがアミノ酸の1つであるテアニンです。テアニンにはリラックス効果があります。ストレス等で自律神経がみだれてしまう事によって引き起こされる便秘には大変効果的と言えるでしょう。

ほうじ茶の飲み方

茶葉から淹れても、ティーバッグでも、どちらでも生活スタイルに合った方法で飲んで下さい。もちろん、コンビニなどで売られているペットボトルのほうじ茶でも良いと思います。しかし、あの心が落ち着く香りを楽しみたいのであれば、やはりポットでお湯を注いで入れるのが一番です。美味しいのでついついたくさん飲んでしまいますが、カフェインも含んでいますから飲み過ぎないように、寝る前に飲まないようにして下さい。温かい飲み物は身体を温めてくれますから更に血行が良くなるでしょう。

ほうじ茶と便秘のまとめ

ほうじ茶には、殺菌効果のあるカテキンや体臭や口臭を改善してくれるクロロフィルも含まれています。便秘を改善しながら様々な菌に立ち向かう事が出来、更に虫歯や口臭なども軽減してくれるのであれば、毎日の水分補給の中にほうじ茶を加えないわけにはいきません。最近は様々な飲み物が溢れています。そんな数多くの飲み物の中からどれがご自分の身体に必要な飲みものなのかを選択し、正しい量を摂取することが身体を整える為にはとても大切な事だと思います。


page top