たんぽぽ茶と便秘について

たんぽぽ茶の原料は西洋たんぽぽです。良く見かけるあのたんぽぽです。古くから薬として肝臓や腎臓、胆のう、リウマチ、皮膚病などに効果があると世界中で使われてきました。日本でも”蒲公英”という生薬として、食欲不振や胆汁の分泌促進、母乳不足などの改善に重用されてきました。そのたんぽぽ茶の効能の1つに、便秘改善効果もあります。たんぽぽに含まれる多くの栄養の中の、何がお通じの改善に効果を発揮してくれるのでしょうか。調べてみると、たんぽぽの栄養に驚くばかりでした。


たんぽぽ茶が便秘の解消に役立つ効果について

たんぽぽは、その花びらも、葉も、茎も、根も、全てに豊富な栄養が含まれています。新陳代謝をアップするカロテンをはじめ、苦味成分であるタラキサシンには、便通を良くしたり消化を促進したりする効果の他に肝臓を強化する働きもあります。肝臓はホルモンバランスを整えるのには大切な臓器です。ホルモンバランスを整える事で自律神経も整い、内臓もしっかり働くことが出来るようになります。また、腸内の善玉菌を増やす為に必要なビタミンCや、便を柔らかくする効果のあるミネラルも含まれています。

たんぽぽ茶の飲み方

たんぽぽ茶にはカフェインが含まれていませんからいつでも安心して飲む事ができます。冷たくして飲んでも良いですが、やはり体を冷やさない為には温かい物が常温にさましたものを飲む事をお勧めします。いつ飲むのが良いか…たんぽぽ茶はいつでもオッケーですが、消化を助ける働きもありますから食事と一緒や食後に飲むと良いでしょう。自律神経を整えてくれる効果を期待して、食後のリラックスタイムをたんぽぽ茶と一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか。

たんぽぽ茶と便秘のまとめ

たんぽぽ茶に含まれる栄養を知れば知るほど、何故たんぽぽはあんなに繁殖力があり、踏まれても踏まれても枯れることなく成長出来るのか、少しだけわかったような気がしました。そんな生命力の強いたんぽぽの栄養の力を借りる事で、私たちの身体の不調を改善することが出来るのです。便秘は、多くの人が抱える悩める症状と言ってもよいでしょう。身近なたんぽぽの効果を十分に吸収し、身体の不調の原因になる便秘を改善していければ最高だと感じました。



TOP サイトマップ