便秘と大腸がんについて

男女共に第2位の発症率である大腸がん。内視鏡検査をしないと分からない為に、発見が遅れるケースも多いガンです。内視鏡検査でがんの元である大腸ポリープを見つけます。小さいポリープであればその場で切除出来ますが、大きい物は入院が必要になります。そんな大腸がんと便秘の関係には様々な意見があり、見解が分かれるところのようです。便秘と大腸がんは関連性があるのかないのか、便秘が私たちの身体に及ぼす悪影響を含めて考えてみました。


便秘と大腸がんの関連性について

大腸ポリープが出来やすいところは、肛門のすぐそばの直腸とS状結腸です。ここは便が長い時間留まりやすい場所で、便が長時間留まるほど発がんの可能性が上がると言われてきましたが、どちらとも言えないというのが現在の見解のようです。しかし、便は身体から出る老廃物ですから、私たちの身体に良い影響を与えるものではありません。便が長時間腸の中に留まる事で有毒ガスを発生させ、そのガスが身体中を巡り、細胞組織に悪さをする事も十分考えられるでしょう。

便秘を解消すれば大腸がんを予防できる理由について

大腸がんのリスクとして、ストレスや運動不足、肥満や食生活、お酒、タバコ、遺伝等も挙げられますが、やはり便秘も改善していきたい症状です。便秘を改善するには腸内環境を整える事が重要です。腸は第二の脳と言われるほど大切な場所で、身体の中の免疫の70%が存在します。腸内環境を整える事は免疫力アップにも繋がり、ガンに負けない身体作りには欠かせない事です。溜まった便を排出する為に下剤などを飲むのではなく、食生活などからの便秘改善が大切なのです。

便秘を大腸がんのまとめ

腸内環境を整えるには、食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌などが必要です。日々の食事でこれらの物を積極的に摂るようにこころがけます。肉類や脂物、インスタント食品などを中心とした食生活を送っているのであれば、今日から改善することをお勧めします。野菜類なども積極的に摂り、乳製品や大豆製品なども食事の中にとりいれるなど、様々な食品を食べるように心掛けて下さい。腸内環境を整え、便秘を改善し、ガンに負けない身体作りをしていきましょう。



TOP サイトマップ