便秘と肥満の関連性について

便秘と肥満にについて

便秘の時はお腹が張ってしまい、何となく太ってしまった感じがあります。実際、便が腸の中に溜まっている為に体重も増えてしまいます。そんな時、下剤を使ってスッキリと排便し、やれやれ良かった…そう思う方も多いのではないでしょうか。でも、ちょっと考えてみて下さい。便秘になっているという事は、代謝が悪くなっているという事です。肥満の原因は代謝の低下も大きく関係しています。肥満は摂取カロリーと消費カロリーのバランスが悪い事が原因になりますが、代謝の低下も原因になるのです。


便秘と肥満の関連性について

便秘は、腸内環境の悪化によって引き起こされる、多くの人が悩んでいる症状です。腸内の善玉菌が不足することで悪化する腸内環境。腸の働きが低下することは、代謝の低下を招きます。腸の働きが悪いという事は必要な栄養素が身体に取り込まれないという事です。必要な栄養素がしっかり吸収されなければ、身体は上手く機能しません。そして、老廃物や脂肪が身体の中に溜まるという事に繋がります。血流も悪化し、各臓器もしっかりと働くことが出来ず、代謝が落ちれば体重は増加、肥満に繋がっていくのです。

便秘を解消すれば肥満予防にもなる理由について

便秘を解消することで腸の中の老廃物は無くなります。腸の中に老廃物が溜まっていると、その老廃物から発生する有毒ガスが身体のあちこちに悪影響を及ぼしていきますから、その原因である便が無くなれば身体は上手く機能していくでしょう。代謝も上がり、徐々に肥満を解消することのできる身体作りが出来るようになります。便秘を解消するには、まずは腸内環境を整える事から始めます。腸内環境が整う事で血流もアップし、代謝も上がり、肥満解消に繋がっていくでしょう。

便秘と肥満のまとめ

腸の健康は全身の健康に繋がると言って過言ではない程大切なものです。もし、今あなたが肥満気味であるならば、そして便秘気味であるならば、とりあえず便秘解消の為に食生活や生活習慣を見直す事をお勧めします。肥満は、多くの生活習慣病の原因にもなります。生活習慣病にはその後の生活を大きく左右し、一歩間違えれば命取りになってしまう恐ろしい病気がたくさん潜んでいます。善玉菌を増やす食生活を考え、便秘の要素を改善していきましょう。


page top