便秘と生理痛の関連性について

便秘と生理痛について

辛い便秘、そして辛い生理痛。どちらもお腹の痛みや違和感を覚える辛い物ですね。腸と子宮は隣り合わせに存在していますから、どちらかの調子が悪いと、お互いに影響を与えてしまいもう一方も不調に陥ってしまう事があります。生理の時は生理痛と便秘でお腹が大変な状態になってしまう方も少なくないと思います。そんな便秘と生理痛の関連性と、便秘を解消すればその痛みから解放されるかもしれない、その理由について考えてみました。


便秘と生理痛の関連性について

便秘は、腸の中に便が溜まる事でおこります。排出されない便は、腸の中でガスを発生させます。腸に溜まったガスが子宮を圧迫して生理痛を引き起こす事もあります。便秘は自律神経の乱れによっても起こります。自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れてしまいます。それによって起こる血行不良も生理痛の原因として考えられます。また、黄体ホルモンの分泌が多い人は生理痛が酷くなりやすい為、血行を悪くする黄体ホルモンの影響が腸の働きを鈍らせるという事も考えられます。

便秘を解消すれば生理痛が改善される理由について

便秘と生理痛の関連性を考えると、便秘を解消すると生理痛が緩和されるという事が解ります。便秘を改善するには、腸内環境を整える事や自律神経を整える事が必要になります。それらは、生理痛を引き起こす原因となっている血行不良や腸内のガスと言った事柄を改善してくれるきっかけになるのです。どちらも辛い痛みを伴う物ですから、少しでも楽になる事でストレスもなくなり、そのストレスによる自律神経の乱れも改善されるという良い循環が生まれて来るでしょう。

便秘と生理痛のまとめ

便秘を改善することで生理痛も緩和され、そのことによって発生するストレスも減ってくるという良い循環を生む事はおわかりいただけたでしょうか。もしもあなたが、便秘と生理痛に悩んでいるのであるなら、まず、便秘を改善することをお勧めします。便秘改善には食生活や生活習慣が大きく影響してきます。食物繊維を摂ったり、ビフィズス菌を摂ったり、運動をしたりお腹を温めたり。便秘薬に抵抗のある方には、自然なお通じを実現してくれる便秘茶を摂取して、鬱陶しい生理期間を快適に乗り越えて下さいね。


page top