便秘と腰痛について

腰痛、辛いですね。立ったり座ったりするたびに腰に手を当ててそっと伸ばす…イタタタという言葉が思わず口から出てしまいます。ぎっくり腰になってしまったらもう、身動きすら出来ません。腰はその漢字の通り、身体の要です。元気に動くためには腰痛は大敵なのです。そんな腰痛と便秘、腰と腸ですから場所が近いだけに関係はとてもありそうですね。便秘と腰痛の関連性についてどんなことが考えられるのか、色々探って行きたいと思います。


便秘と腰痛の関連性について

まず、椎間板ヘルニアの症状に便秘があります。腰の神経を圧迫することで排尿や排便障害になる事もあるのです。ストレスも腰痛の原因になります。強いストレスによって脳の中での痛みを緩和する物質の分泌が上手くいかない事によってストレス性腰痛が引き起こされます。ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、腸の働きをコントロールしている副交感神経が乱れる事で便秘をも引き起こす可能性もあります。腰痛と便秘には深い関連性があるのです。

便秘を解消すれば腰痛も改善される理由について

便秘の原因で一番多いのは弛緩性便秘です。大腸の蠕動運動が正常に行われない事で便がスムーズに押し出されなくなるのです。この症状の改善には副交感神経の働きや腹筋の働きがとても大切になりますが、原因として挙げられるのは運動不足です。ちょっとした運動を生活に取り入れて自律神経を整える事で腸の働きが正常になり、自律神経の乱れによって引き起こされていた痛みを緩和する物質の分泌の乱れが改善されれば、腰痛にも良い効果があるでしょう。

便秘と腰痛のまとめ

デスクワークなどで長い時間同じ姿勢を取り続ける事でも血行不良を招き腰痛になりがちです。先ほども触れたように適度な運動を生活に取り入れる事で腰痛も便秘も改善されていくでしょう。便秘対策には便を押し出す為に腹筋も大切です。日常生活に運動を取り入れ筋肉を付けることで、腹筋も、腰を支える筋肉もついてくれますから、便秘にも腰痛にも非常に効果があります。便秘の改善が辛い腰痛に効果がありますから、便秘茶などを取り入れて腸内環境を整える事から始めてみて下さい。



TOP サイトマップ