便秘と低血圧について

一定のリズムで心臓が収縮を繰り返し全身に血液を循環させるときの圧力が、血圧です。圧が高まれば血圧は高くなり、圧が足りなければ血圧は低くなります。低血圧は、最高血圧が100oHg以下で最低血圧が60oHg以下を言います。圧力が低い為に各臓器への血液の量は少なく、様々なトラブルを引き起こしてしまう要因になってしまいます。低血圧が引き起こす便秘、便秘が引き起こす低血圧、どうも関連がありそうです。


便秘と低血圧の関連性について

低血圧には、立ち上がった時に起こる起立性低血圧、ケガや病気が原因の症候性低血圧、食事をした事で消化する為に血液が集中してしまう事で起こる食後低血圧、体質による本態性低血圧等々、様々な低血圧があります。便秘と関連性のある低血圧は、自律神経が原因の低血圧です。自律神経は内臓の働きや血液の流れ、体温の調節など様々な調整を行っています。第二の脳と言われる腸の働きが悪くなる事は自律神経の乱れと深く関わりがあり、そこには低血圧も関係してくるのです。

便秘を解消すれば低血圧が改善される理由

便秘は、腸内環境が悪化することで起こります。腸は、第二の脳と言われるほど大切な場所です。腸内にはたくさんの神経細胞があり、その数は脳の次と言われるほど。その為に第二の脳と言われているのです。便秘によってその働きが鈍ってしまい低血圧を招いてしまうのですから、便秘が解消されればそのリスクは低下していきます。便秘を解消することで低血圧が解消され、低血圧に伴うたくさんのイヤな症状も改善されていくでしょう。

便秘と低血圧のまとめ

低血圧は頭痛やめまい、疲労感、動悸、食欲不振、肩こりや朝起きられない等、様々な辛い症状を伴います。もし、その低血圧の原因が便秘であるのなら、早急に便秘を改善するべきです。なんだか調子が悪い…そう感じている方、便通は毎日ありますか?毎日の便通は健康な身体を維持する為にはとても重要な事です。食物繊維を積極的に摂る、ビフィズス菌などの善玉菌を摂る、水分もしっかり摂る等対処法はいろいろありますが、スムーズな便通の為に便秘茶を取り入れる事もとても良い選択だと思います。



TOP サイトマップ