便秘と蕁麻疹について

蕁麻疹は、アレルギー反応です。身体が異物を察知して、それを退治する時に出ます。ポツポツと小さい物から、ボコボコと地図のように大きく広がるものまで出方は色々で、何でこんなに痒いんだろうと見てみると蕁麻疹が広がっているという場合が多いです。食べた物が身体に合わなかったり、鮮度が落ちた食品を食べたりすると出る事がありますが、便秘が原因で蕁麻疹が出る事もあります。そんな便秘と蕁麻疹の関連性について考えて行きたいと思います。


便秘と蕁麻疹の関連性について

便秘になる原因は様々です。食生活が乱れていたり、食物繊維が足りなかったりすることでも起こりますが、自律神経の働きが鈍る事でも起こります。身体に必要な栄養分を吸収された後の食べた物のカスが便となって排出されますが、便秘によってそのカスが腸内に留まってしまう事でガスが発生し、そのガスによって身体がアレルギー反応を起こしてしまい蕁麻疹となって現れてしまいます。便秘は様々な身体の不調を招いてしまいますが、蕁麻疹という症状にも関連性があるのです。

便秘を解消する事で蕁麻疹も改善される理由

便秘が解消されれば、腸内に便が溜まる事もなくなり、その便からガスが発生することもありませんから蕁麻疹は解消されるでしょう。溜まった便は悪玉菌のエサになり、腸内環境を悪化させる要因です。反対に野菜の食物繊維や乳酸菌、ビフィズス菌などは善玉菌のエサになりますから、腸内環境を整える為にはとても大切な栄養素になります。便秘による蕁麻疹を改善する為には、善玉菌を増やすことが必要になります。腸内環境を整えて便秘を解消し、蕁麻疹を改善していきましょう。

便秘と蕁麻疹のまとめ

便秘の状態は、身体の中に生ごみを貯めて置いているようなものです。身体に良いはずがありませんね。食事で摂った物はほぼ24時間かけて必要のないものだけが身体の外に便として排出されます。スムーズな排便を促す為に先ほども触れましたが、食物繊維やビフィズス菌などを積極的に摂る事が大切です。それと併せて便秘茶などの助けを借りる事も良い事でしょう。普段の水分摂取に便秘茶を取り入れることでよりスムーズに排便を促し、健康な身体を手に入れましょう。



TOP サイトマップ