便秘と寒気の関連性について

便秘と寒気について

寒気がする…まず最初に思う事は”風邪かしら?”ではないでしょうか。熱を測っても熱もない、咳も出ないし頭痛もしない。風邪の症状が無い場合、そのうち良くなるだろうと安易に考えてしまいがちです。しかし、寒気がするというのは普通の事ではありませんね。そこで考えて頂きたいのは自律神経の乱れです。自律神経が乱れる事で寒気が引き起こされる場合があります。便秘症状も引き起こしてしまう自律神経。便秘と寒気にも何か関連性がありそうです。


便秘と寒気の関連性について

自律神経は交感神経と副交感神経が上手くバランスを摂る事で正常に働いてくれます。しかし、何かが原因となってそのバランスが崩れることで、様々な不都合な事が私たちの身体の中で起こってしまいます。便秘もその一つです。自律神経は体温調節の仕事も行っていますが、バランスを崩すことでそれが上手くいかなくなり、身体は内臓を冷やさないようにする為に血液を内臓に集めて行きます。それによって他に血液が回らなくなり、寒気を感じる事があるのです。

便秘を解消する事で寒気も改善される理由

便秘を解消すれば、それが原因で起こっていた自律神経の乱れも解消されていきます。それに伴って体温調節もうまく出来るようになり、血液の循環も良くなって、身体中にしっかりと血液が回るようになります。血液の循環が良くなれば体温も自然と上がっていきますから、寒気も改善されるでしょう。食事から栄養をしっかり摂る事と、いらなくなった物をしっかりと排泄するという事は、どちらも私たちの身体にとってとても大切な事なのです。

便秘と寒気のまとめ

便秘や寒気を改善する為に運動等で血流を良くしたり、代謝をアップさせることも大切な事ですが、普段から温かい物を摂って身体を温める事も大切な事です。根本的な原因である便秘が気になるかたは、温かい便秘茶を普段から飲むようにすることで、便秘も身体の冷えも両方とも解消されるでしょう。食事からしっかりと栄養を摂って、毎日しっかりと老廃物を排泄する。いらないものを身体の中に貯めこまないようにする生活を送っていきたいですね。


page top