便秘と血糖値について

腸は第二の脳と言われるほど、その腸内環境は私たちの身体に大きな影響を及ぼします。腸の中には様々な腸内細菌が生きていて、その様子をお花畑に例えて腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼んでいます。美しいお花畑のような状態を保つことで腸内環境も整い、便通も良くなります。しかしそのバランスが崩れると便秘を招き、それによって血糖値も上昇してしまうのです。便秘と血糖値の考えたことも無かったような係わりについて改めて考えて行きたいと思います。


便秘と血糖値が高くなる関連性について

便秘は、腸の中に溜まってしまった老廃物である便による様々な悪影響を生んでしまいます。腸の中で発生した毒素やガスが血液の流れによって全身に巡ります。悪玉菌による血液の汚れや、白血球の減少による免疫力の低下は血糖値上昇の大きな原因になります。便秘→血糖値上昇→便秘→更なる血糖値上昇という悪循環を招いてしまいます。血糖値上昇は糖尿病の原因になります。糖尿病は一度罹患すると治らない病気です。早めの対応が必要です。

便秘を解消する事で血糖値が改善される理由

糖尿病にならない為には、早めの血糖値対策が重要です。その高めの血糖値の原因が便秘であるのならば、先ほど述べた負のスパイラルから脱却する為にも便秘解消が早急な課題でしょう。便秘を解消することで血液の汚れは減少し白血球の減少も抑えられますから、血糖値上昇の原因は取り除くことができます。また、食物繊維をしっかり摂る事が、食後血糖値の上昇を緩やかにしてくれるだけでなく便通にも良い効果を与えてくれますから、食物繊維を多く含む野菜類などをしっかり摂るように心掛けると良いでしょう。

便秘と血糖値のまとめ

便秘が招く血糖値の上昇は糖尿病の原因になってしまいます。糖尿病になると、その合併症によって糖尿病性神経障害になってしまう恐れがります。神経障害は、自律神経の働きを鈍らせてしまい、それによって腸の働きも悪化。更なる便秘症状を引き起こしてしまう事も考えられます。そんな大変な事にならないうちに、便秘を解消することがとても大切な事です。スーパーやドラッグなどで手軽に手に入る便秘茶などを飲むことで早めの便秘解消をお勧めします。



TOP サイトマップ