便秘と口臭について

自分ではなかなか気が付かない口臭。話している相手の口臭が気になっても、なかなか指摘することが出来ない口臭。そんな口臭の原因の主な物はお口の中のトラブルなどでしょう。臭いの強い物を食べた、食べ物のカスがお口の中に残っている、虫歯や歯周病などの病気もその原因になりますし、糖尿病や肝臓病なども口臭を発生させます。そして、悩む人も多い便秘も口臭の原因になるのです。便秘と口臭の関連性について考えて行きたいと思います。


便秘と口臭の関連性について

便秘による口臭の臭いは、腐った卵のような臭い、カビの臭い、アンモニア臭など、どれをとっても不快な物ばかりです。口臭だけでなく体臭にもその臭いが現れる事もあります。通常、食べた物は24時間程度かかって消化され排便されるのが理想的ですが、便秘がちの人はそれ以上の時間、便が体内に留まってしまいます。便は老廃物。老廃物から出るガスやアンモニア臭などが血流にのって体内を巡り、口臭となってしまうのです。

便秘を解消する事で口臭も改善される理由

便秘の解消には腸内環境の改善が必須です。腸の中に便が溜まる状態を作らなければ、溜まった便からガスやイヤな臭いが発生する原因がなくなるのです。それによってイヤな口臭は改善されます。どれくらいの日数便が出ないと口臭に繋がってしまうかは個人差もある為何日という事は言い切れませんが、その時間が長ければ口臭に繋がる可能性も高くなり、臭いも強くなってしまいます。ダイエットやホルモンバランスの変化も便秘の原因になりますが、トイレを我慢してしまうのもその原因に挙げられます。

便秘と口臭のまとめ

便秘改善には食生活が大きく関わって来ます。バランスの良い食事を摂る事、3食きちんと食べる事、食物繊維を摂る事、乳酸菌を摂る事などが便秘を改善してくれるでしょう。しっかり睡眠を取る事も、排便を準備するホルモンの分泌に関わって来ますから大切な事です。適度な運動やストレスを溜めない事も便秘改善に繋がります。便秘薬などを使うのも一つの方法ですが、便秘を改善するお茶などを飲むのも良い方法かもしれませんね。



TOP サイトマップ